【身辺雑記】ブログ化にあたっての口上

(このゴタゴタの最中に過去メールとアドレス帳のほとんどが消えるというトラブルがありました。そのためこちらからメールアドレスの変更をお知らせしたくてもできない方が多数いらっしゃいます。心当たりのある方は、恐れ入りますが、Aboutにあるメールフォームからご一報ください)

どうもどうも、というわけで、古くからの読者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。

なにしろいきなりサイトが消え、メールも戻ってくるようになってしまったので、死んだんじゃないかと心配してくださった方もいました。死に体ではありましたが、幸いまだ死んでません。


ここには書くつもりはないけど、主として健康上の問題で、ほんとに半死半生の気分で、かろうじて仕事だけは続けるしかないのでやってたけど、他のことはすべて棚上げという状態が半年ほど続いてたんだけど、(仕事以外)何もかも上の空だからドジ踏みまくり、なくしてもいないのに、勝手になくしたと思い込んでクレジットカードを再発行してもらったんだが、番号が変わったのにあっちこっちに届けをするのを忘れ、おかげでドメインと有料サーバが停止され、なのにメールすら読んでなかったので、何が起きたのも知らないままでいて、ある日自分のサイトを見ようとしたら消えてたのであせった次第。

もちろん契約し直すか何かすればドメインも取り戻せるのだが、なんかもう疲れてしまって、それならこの機会に、かねてからの念願であったブログへのお引っ越しを決行しようという気になった。

ブログ移行への道

いやー、ブログが出始めた昔はバカにしてたんですよ。私みたいな個人サイトの運営者は、ブログなんてhtmlも書けない素人がやるものと思って。私も書けないけどね(笑)。そのうち、ネットではいわゆるホームページ(個人サイト)が廃れ、ブログ全盛になっても、まだやせ我慢をしていた。なーんか、他人のブログってどれを見ても、中身が薄くてアホくさくて軽すぎて、重厚長大が売りのうちのサイトには向かないと思ったし、何より自分で自由に作れる気ままさは捨てがたくて。

さすがにヤバいと思い始めたのは、あまりにページが増えすぎて、自分でも管理がままならなくなってきたとき。いくらCSSとかで管理しているとはいえ、ちょっとした書き換えやレイアウトの変更をするるのに、何百ページを一気に書き換えなきゃならないホームページは不合理すぎる。頭のいい人ならプログラム組むとかしてなんとかできるのかもしれないが、私は基本的にパソコン音痴なのでそれほどの頭ないし。その点ブログはそういう変更が一発でできるらしい。

第二に、そもそも自分のサイトを読むのに、目的のページを探すだけでも大変。できれば索引と目次を作りたいんだが、今からそれをやる気力はないし、更新を続ける自信はもっとない。その点、ブログはタグ付けたりして整理整頓も楽なはず!

第三の理由はやはりスマホ対応にしたかったから。自分は未だに携帯も持ってないんだが、さすがに時代の流れには抗しきれない。今どきパソコンでネット読んでる人なんか少数派でしょう。自分だっていつか買うかも知れないし、そうしたらいちばんよく読むのは自分のサイトなんで、読めないのは困る。なんでもブログだとスマホから更新ができたりもするようだし、それなら病院の待ち時間とかにもできていいなあ。

もちろんこれも自分でスマホ対応のページを作ればいいのだが、今でも持て余しているのにそこまでやる気力ないです。これもブログなら勝手にスマホ対応のテンプレートとか用意してくれるんでしょ?

ホスト捜し

そうなると今度はどこのブログにするかですよね。もうこんな苦労ばっかりで一銭にもならんものに金かけるのやだ。今度は無料ブログにしよう。見た感じ、日本じゃライブドアやfc2のブログが多いみたい。ライブドアはなーんかあのおっさんの顔がちらついて気色が悪いし、fc2はすでにサイトスペースでお世話になってるけど、なんか安っぽい感じだし、そもそもネットに関しては日本の会社を信頼していない。

ただ何もかも始めてだしなあ。いくらバカでもわかるとはいえ、サイト制作とはまた違ってそうだし。英語の解説しかないのはきついかなあ。
と思いながらブラウズしていたところ、なんでも最近はWordpressというのが主流らしい。海外の会社だが、日本語にも対応しているようだし、ものは試しと思って登録して少し使ってみたら、なんかすごい簡単だし、テンプレかっこいいし、URLも短くてかっこいいし、もうここに決めた!

ふといつも使ってたホームページビルダーを見たら、なんかWordpress専用の機能がたくさんあるじゃん。じゃあ今まで通りホームページビルダーで書いてアップロードすればいいんで簡単じゃん!

で、ご想像の通り、世の中そう甘くはなかった。簡単なつもりでホイホイ作り始めたが、まず第一にhtmlで書かれたサイトは、そのままじゃブログには読み込めず、なんかプラグイン使ったり、ややこしい手順が必要らしいのだが、いくらやってもうまくいかない。

例によってろくに調べもせずに突っ走る私は、wordpress.comとwordpress.orgの違いも理解してなかった。すべての挫折の原因はそこだったのだが。

いい加減な斜め読みで私が理解した範囲で言うと、Wordpressというのはただのブログ会社じゃなくて、ブログ形式のひとつ(?)で、orgはそのWordpressをダウンロードして、自分で契約したサーバにアップロードして、ブログを自作する人のためのサイト。これだとちょうどウェブサイトを自作するように、プラグインをいろいろ入れたりして自由に作れるのだが、それができないお馬鹿さんのための、出来合いのブログのホスティングを提供しているのがcomのほうなのだ。Wordpressは企業ユーザーが多いようだし、私みたいな素人にちょこちょこっと作れるようなものじゃなかったみたい。

あー、もう、簡単なほうでいいよ。今さらまたサーバ探すのも面倒だし、サイトなんか要するに読めりゃーいいんだ。というので、あらためてwordpress.comで作り始めた。

ブログ制作に四苦八苦

最初はテンプレートを選ぶ。サイトを自作していた時代は、テンプレートなんてどれもダサくて使い物にならなくて、結局は(好きなサイトを参考にして)自分で一から作るはめになったが、もうあんな苦労はする気になれない。
ネットにはWordpress用のテンプレートが、かつてのホームページ用のテンプレートのように大量に出回っているが、それはみんなダウンロードして使う人用で、お馬鹿さんはwordpress.comが用意してるテンプレートを使うしかないようだ。

しかし少ないな。無料のだと160種類ぐらいしかない。こんなのは1000や2000あってもいいと思うんだが。サンプルを見たときは、「やっぱ日本のヘボいブログと違ってかっこいー!」と思ったんだが、それって英語補正が入ってるのを忘れてた。
はい、レイアウトやデザイン的に、見た目は英語の方が絶対にきれいに見えるんだよ。これは友達のデザイナーも言っていた。

自分のブログをこのテンプレートにはめてみると、どうもパッとしないし、だいたいおんなじようなのばっかりじゃん。しかし、このテンプレートはすごいね。プレビューを押すだけで、たちまちサンプルの中身が自分のブログに変わるので、実際の出来がどうなるかが一目でわかる。これはホームページ時代にはなかったものでわくわくする。

うれしくなって無料のテンプレートはすべて試してみた。そうやっているうちに、できることできないことがだんだんわかってきた。
これはWordpressだけなのか、他の無料ブログもそうなのか知らないけど、まずやれることが異常に少ない。早い話がフォントを変えたり、色使いを変えるのも無料プランじゃできない。マジかよ! それもチマチマしたカスタマイズに3000円とかの料金をチマチマと取る。なんかネトゲの課金みたいだ。無料のままでできるのはせいぜい、ヘッダーの写真を変えたり、背景を変えたりするぐらいだ。

でもデザインには熱くなった。パソコンに向かって16時間ぶっ通しでデザインするとか、ちょうど初めてネットに接続して、始めて自分のサイトを作った頃の情熱を思い出して胸が熱くなりました。私、もしかして進む道を誤った?と思うことは、これまでも何度もあったけど、本当にこういうの好きなんだよね。
問題はセンスも能力もないことだけで(笑)。だから本職になるのはとうてい無理だけど、でもこういう小さいものの細かいデザインやレイアウト考えたりするのってすごい好き。シムピープルに熱中してたのも同じ理由だし。
で、やればやるほどよけいイライラがつのるんだけどね。とにかく自由度が低すぎて。このテンプレートはここの色だけ変えれば絶対かっこよくなると思っても、それには3000円。もう意地になって無料でやる気で、どのテンプレートがいいか必死で考えた。

その際、チェック項目としては、

  1. まずはフォントがメイリオで表示できること。っていうか、明朝がどうしてもいや。だから明朝のテンプレートはまず削除。
  2. 同様に、3カラムのテンプレートは記事部分がせせこましくていやだ。そこで2カラムのやつだけ。
  3. せっかくだからスマホで読めるやつにしたいから、スマホモードでレイアウトが崩れるのも除外。
  4. 背景だけは変えられるからいいが、それ以外の部分でダサい写真とか使ってるのも除外。
  5. あと題字のフォントが変なのや、私のイメージに合わないのもいやだ。
  6. 必要なパーツが揃ってること。

などなどと、厳密な基準でテンプレートを選び、できる範囲内でカスタマイズに16時間ですよ。あげくの果てにできたのがこれ。何の変哲もないがな!(笑)

だって、こうやってフィルターにかけていくと、選べるほど残らないんだもん。最大の原因はカスタマイズができないというのもそうだが、スマホ対応にならないってこと。一目見て、「おお、凝ってるな! かっこいいな!」と思えるデザインは、小さくすると絶対にレイアウトが崩れて画面からはみ出しちゃうんだよね。道理でブログデザインって、どこも似たようでおもしろみがなくて単調だと思った。

ちゃんと自作すればもう少しましなものが作れると思うんだけど、(特に記事の枠線は欲しかったんだけどなあ)、とりあえず今は開設する方が先なので贅沢は言ってられない。後ほどデザインを変更しようと思えば、一気にできるのがブログの強みだしね。(くどいようだが、これがホームページだと1ページずつ書き換えなきゃならなくて、とても無理) 読めりゃー、いいよ、読めれば!

それでもまだ(主としてブログというものに無知なせいで)将来のことを思うと不安でいっぱいですがね。

たとえば、ホームページなら手元に残るのでいつでも好きなところにアップしたり、バックアップを取ったりできるが、ブログはどうなんだろ? さすがにユーザーが多いので、そういうツールだかなんだかはあるようだが、それの使い方からまた覚えなきゃならない。
あと私みたいに記事をまめに推敲する(1つの記事で多いときは、満足するまで200回ぐらい書き換える)場合、こうやってオンラインでやるのはすごい面倒。やっぱりダウンロードも考えに入れるべきかも。
リンクの書き換えなんかはどうなってるのかなー。これはホームページビルダーを使うと、一度書き換えれば、そこにリンクしている全ページが一斉に書き換えられる機能があるんだが、ブログではまだ見つかってない。
写真の整理も頭が痛い。私は写真たくさん入れたいし、容量的には何の問題もないんだが、前はフォルダに分けて整理してたのがひとまとめにされている。ここから必要なもの見つけるにはどうすれば。

とまあ、何もわからないままの見切り発車なんで、不具合もいろいろあるとは思うけど、「考えるより慣れろ」がモットーの私としては、とにかく始めてみて、細かいことはあとで考えることにしました。

フロレラ・ブログにコメント欄がないわけ

ブログ(や今ではネット全般)の特徴と言えるのが、ユーザーや他のブログとのネットワークで、そういう機能は実に豊富なんだが、実は私はそれがキライなのですべて無視(笑)。コメント欄すら撤廃した。

えーとこれにはちょっと説明が必要かも。

「いつも読んでます」とか「おもしろかった」とかの読者の感想は大歓迎だし励みになるし、もっと具体的な感想や間違いの指摘は実にありがたいんですが、世の中には迷惑なアホやそれより有害なキチガイも一定数存在するわけで、そういう人の相手が疲れるので関わりたくないんです。
もちろん禁止ワードやらアク禁やら承認制やら、そういう迷惑な書き込みを除外する方法はいっぱいあるのは知ってるけど、それには常にコメントに目を通して管理してなきゃならないわけで、そこまでする気力がないです、正直言って。

サイト始めた当初は読者との交流が本当に楽しくて、オフ会までやってたのに、年取るとめんどくさいことがすべていやになっちゃって、本当にダメですね。ほんとにごめんなさいです。
しかも問題はそういう明かな困った人だけじゃなくて、なんかもう気の合わない人や○○○○人とは、仕事なら仕方がないからにこやかに接するけど、正直プライベートでまで関わり持ちたくないの。これも年寄りの特徴で、要するにだんだん偏屈になるってことだけど。

そんなわけでSNSと名の付くものはすべて避けて通っていて、ツイッターもフェイスブックもやってない。友達いなさそうだと思われるでしょうが、実際いません(笑)。ていうか、私はいつも書いてるように、生まれつきの独居性動物なんで、なんで「ぼっち」が悪いことなのかまったく理解できない。
この日記も元々人に見せたいと言うより、自分の読むものが欲しくて書き始めたものだし、だから宣伝とかもまったくする気ないです。わざわざ探し出して、読んでくださる方だけ読んでくれればいいという感じで。

というわけで、こんなブログを見つけて、こんな所まで読んでくださる方は、相当アレな方だけだと思うので、そういう人は大歓迎ですので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

広告
カテゴリー: このブログについて タグ: パーマリンク