【映画評】どーでも映画劇場 インモータルズ――神々の戦い(2011)Immortals

Immortals-movie

♣ 『300』見てないじゃん。
♠ 予告編見ただけでおなかいっぱいだよ。見なくたってわかるじゃん。青筋立てた脳筋男祭り。ただしかんじんの戦闘シーンはすべてCGってやつ。
♣ 本家はいくらなんでもこれよりはましと信じたいんだけど、あれがヒットしたから作られた映画だね。

 

Director: Tarsem Singh (as Tarsem Singh Dhandwar)

 

♣ なんで今頃ギリシア神話
♠ ホメロスの『イーリアス』を下敷きにした、ダン・シモンズのSF小説『イリアム』と『オリュンポス』が泣くほど良かったんで、あれ以来、ギリシア神話と言われるといても立ってもいられなくなるのだ。
♣ はあ? でもこれシモンズとは何の関係もないし、ハリウッド映画という時点でだめなのは予想できたんじゃ?
♠ (聞いてない)特にシモンズは神々の造形がすばらしかった。あれぐらい神様らしい神様は見たことがないというぐらい。まあ、あの連中も実は偽物だったんだけどさ。それにしても、あれぐらい強大で美しくて神々しくて、残忍で血も涙もなくて、人間なんか虫けら程度にしか思ってないというのが、いかにも神様らしくてしびれた。
♣ だから映画の話をしなさいってば。
♠ ただ惜しむらくは小説だから、せっかくのあの壮大な戦いを目で見ることはできない。(心の目でならありありと見えるがね) ならばその片鱗でもいいから見たいと思うじゃない。
♣ なるほどこのタイトル見ればそういう話かと誤解してもしょうがないけど、これイモータル(イモータルはやめろ!)の話じゃなくてモータルの戦いの話なんだよね。神様弱っちいし。
♠ がくっ。

♠ だいたい最初から変だと思ったんだ。ティーターン‥‥ああ、ギリシア語の長母音がめんどくさい。でも英語でタイタンと言ったんじゃぶちこわしだし。
♣ どうでもいいんじゃない、この場合?
♠ まあこれは偽物だからタイタンでいいか、とにかくその連中がタルタロスに幽閉される場面から始まるんだけど、タイタンが神でも巨人でもなくて普通の人間なんだよ。この時点でおかしいと思った。シモンズの神々はその人間離れしたでっかさだけでワクワクしたのに。
♣ 主人公のテセウスは村の青年だし、太陽神ハイペリオンは悪い侵略者の王様だし、名前だけでギリシア神話関係ないですね。
♠ 神話の翻案ってのはよくある手法で、シモンズだってそうだけど、そのくせゼウスを初めとするオリュンポスの神々は普通に神だったりする。
♣ でも数人しかいないし、こっちも多少の超能力はあるけど普通の人間っぽい。
♠ だいたいあのゼウスはなんだ? ゼウスったら神の中の神、男の中の男の、とにかくやたら偉そうで強そうで怒りっぽくて凶暴で、テストステロンが耳からあふれてるような神じゃない。だいたい彫刻や絵画で完全にイメージ固まってるし。なのにあんなしょぼいニヤけたヤサ男(ルーク・エヴァンス)がなんでゼウスを名乗ってる? ヒゲすらないし! ヒゲなしゼウスなんてありえん!

♣ 主人公のヘンリー・カヴィルや、ナレーター兼ゼウスの変装した姿のジョン・ハートら、主要キャストはイギリス人だから、もう少し重みのある映画かと思ったんですけどねえ。ルーク・エヴァンスだってハンサムはハンサムだし。
♠ わかってないなあ。イギリス人を使うのは「重みがあるように見せかける」ためには、いちばん手っ取り早くて安上がりの手段なんだよ。
♣ だってジョン・ハートのナレーション聞いただけで、なんか名作っぽい感じがするじゃない。詐欺だよ、詐欺!

♠ まあ、それだけならよくあるB級映画で終わりなんだけど、それにしてもなんか変なんだよね。それで、この違和感の原因はなんなんだろう?とずっと考えながら見ていた。
♣ セピアっぽい暗い色調とか、絵に描いたような絵の背景とか、美術やセットや衣装はいかにも気取ってて、やけに凝ってるようなんだが、それにしては恐ろしく安っぽいし、「なんか違う」感がハンパない。
♠ すべて壮大でオーセンティックに見せようとしてるのはわかるんだけど、そのせいで逆にちゃっちく、マンガっぽく見えてしまうという。やたら大がかりな学芸会を見せられているような。これはきっとアメコミ原作だと思ってた。
♣ それで話はわりとどうでもよくて、ときどき取って付けたようにギリシア神話からの引用は出てくるんだけど、基本的には半裸の筋肉男が切った張ったで、CGの血が吹き出てCGの手足が飛ぶお話。
♠ それでこれってどこかで見たことあるなあと思ったんだが、後から解説見て納得。これって『300 〈スリーハンドレッド〉』の二番煎じだったんだ。制作者が同じだけなのに丸パクり。
♣ 『300』って『シンシティ』のフランク・ミラーが原作なんだ。
♠ そういやあの絵は『シンシティ』そっくりだ! でもこっちは監督はもちろん、撮影も美術も違うのに、なんでここまでそっくりなんだよ!

♣ 『300』見てないじゃん。
♠ 予告編見ただけでおなかいっぱいだよ。見なくたってわかるじゃん。青筋立てた脳筋男祭り。ただしかんじんの戦闘シーンはすべてCGってやつ。
♣ 本家はいくらなんでもこれよりはましと信じたいんだけど、あれがヒットしたから作られた映画だね。
♠ 私はアクション映画はそれほど好きじゃないが、それでもスティーヴン・セガールとかジャン=クロード・ヴァン・ダムとかの映画のおもしろさはわかるし、見ればスカッとするよ。(でもチャック・ノリスは認めない。シュワルツェネッガーとかはもちろんだめ) それなりに鍛え抜かれた肉体とか技とか見れるから。だけど、CG見て何が楽しい?
♣ でもこの風潮の走りって『マトリックス』でしょ? カンフー知らなくてもCG使えばアクション映画のいっちょ上がりという。
♠ 『マトリックス』はいいんだよ。キアヌ・リーブスだし、それにえーと‥‥キアヌ・リーブスだから。でもそこらのおっさんたちの裸なんか見たくない!
♣ でも映画制作者にとっては朗報だよね。ロケもいらない、セットもいらない、筋肉とおっぱいさえあれば有名俳優もいらない。CG屋にだけお金払えばヒット映画のできあがりというのは。だからこそこういうのが作られたんだろうけど。

♠ それでもこれ見て興味持ったので、『300』は見るつもりだけどね。
♣ なんで!
♠ マイケル・ファスベンダーが出てるのを今知ったから。あと、『ゲーム・オブ・スローンズ』のレナ・ヘディも。
♣ ふ~ん? まあ悪口リビュー書くいいネタになりそうだからいいか。

♣ 今気付いたけど、CGでアクション描くのって格闘技ゲームがそうだよね。やっぱり格ゲーファンが見るんだろうか?
♠ 人が格ゲーやってるのを後ろから見てる感じ? 何が楽しいんだ?
♣ それに考えてみたらこれってアクション映画のアクションシーンだけ寄せ集めたダイジェストみたいなものだよね。『ファイナル・デスティネーション』を「普通のホラーのハイライトだけ集めたみたい」と言ったのと同じだと思うんだけど。
♠ そう言われるとそうかな?
♣ なのになんであっちは大絶賛でこっちはバカにするわけ?
♠ 大絶賛はしてないが(笑)。まあ私自身がアクションよりホラーが好きだから多少ひいきが入ってるけど、それにしてもこれはないよ。

♠ でもここだけの話、『イリアム』と『オリュンポス』を映画化するとしたらこの手法しかないんじゃないかと思えてきた。
♣ もし実現してもぜーーーったい怒り狂うのわかってくせにそういうこと言う?
♠ 想像するだけなら勝手だろう。とにかくあの壮大さを表現するには普通の撮り方じゃ無理だし。
♣ 安っぽいってさんざん文句言っておいて。
♠ そこはセンスの問題だよ。うんとセンスのある監督にやらせればなんとか‥‥
♣ 勝手に想像しててください。

♠ まったく、ハリウッドの時代劇は『ベン・ハー』や『十戒』の時代からまったく進歩してないどころが退化する一方だな。
♣ あれだけお金かければなんだってできますよ。要するに今は娯楽も多様化して、少ない投資で儲けようと思うから、脳みその足りないガキ向け映画ばっかりになっちゃうんでしょ。
♠ 金なくなって超大作が撮れるということはピーター・ジャクソンが『ロード・オブ・ザ・リング』で証明したじゃないか。それに『ゲーム・オブ・スローンズ』があるから、アメリカの観客も多少は目が肥えたかなと思ってたのに、こういうのが流行るようでは。
♣ こういうのもどういうのも、ギリシア神話を題材にしたまともな映画って、レイ・ハリーハウゼンまでさかのぼらないとないんと違います?
♠ クソッ、さすがに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(『ハリー・ポッター』ギリシア神話版? 見てないから知らないや)は避けたから大丈夫と思ってたのに!
♣ ちなみに、あっちのゼウスは『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーン・ビーンだったんだけどね(笑)。

♠ そうだ! ミッキー・ロークのこと言うのを忘れてた! 整形失敗だかなんだか知らないけれど、あの崩れた顔と崩れたプロレスラー体型が、悪役のハイペリオンにはドン決まりだった。役者で見られたのは彼だけだな。
♣ それって『シンシティ』でも言ってなかった? 確かにミッキー・ロークは変な兜かぶってがんばったね。今思ったけど、これで大男だったら『ゲーム・オブ・スローンズ』のサンダー・クレゲインが演じられたのに。
♠ やだよ、あたしのサンダーをこんな奴に!
♣ テレビ版のロリー・マッキャンよりましじゃない。この顔なら焼けただれた顔のメイクも最小限でいいし。
♠ サンダーはデブじゃないし、こんなにジジイじゃない。むしろイメージとしては兄のグレガーだが、それには身長2メートル30ぐらいないと。

広告
カテゴリー: 映画評 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク