【ゲーム評】Rusty Lake Cube Escape: Rusty Lake Hotel 完全攻略

rustylake

「記憶は過去に通じる鍵であるだけではなく、未来にも通じている」

「Cube Escape」シリーズについてはぜひこちらを先にお読みください

第6作『Rusty Lake Hotel』のプロモビデオ

Rusty Lake Hotel『ラスティ・レイク・ホテル』

このエピソードだけが有料で、Steamで公開されている。(198円)
さすがに有料だけあってボリュームも満点だし、Seasonsに匹敵する傑作。

ラスティ・レイク・ホテルはラスティ・レイクの中の離れ小島にただ一軒建つホテル。そこへ5人の客が訪れる。5日間に渡って「特別な」ディナーを楽しむために。
という設定は、いかにもミステリにありそうな設定で、すぐに殺人事件が起きるのが予想できるが、5人の顔ぶれがシカ、キジ、イノシシ、ウサギ、ハトと、すべてジビエ料理の食材であるところだけ見ても、この客たちが毎日ひとりずつ殺されて、料理される話なんだということはバレバレ。
プレイヤーはオウムのハーヴィーになって(ハーヴィーだということは完全クリアしないとわからないんだが)、ホテルの支配人のミスター・アウルを助け、ディナーのために食材を調達する手伝いをする。もちろんただ殺すだけじゃなく、客たちのさまざまな要望に応えたうえで、手を変え品を変えた方法で殺すあたりが手が込んでる。

この話は前に読んだあるホラー短編を思い出させる。タイトルも作者も思い出せないんだが、交互にグルメなディナーを主催して、誰がいちばん贅沢な料理を出せるかを競う金持ちグループがあって、それがエスカレートしてとうとう「金では買えないもの」、つまり当人にとってかけがえのない人間を殺して料理にするようになる。それも最初は有能な社員とかお気に入りの愛人とかだったのが、最後には妻子、さらには‥‥という話。
私は金持ちとグルメをバカにしているのでこういう話は痛快。この話の動物(?)たちも、みんな金持ちそうで偉そうなのでざまーと思う。
ちなみにWikiによると彼らの職業は、ミスター・ディア(鹿)は化学者、ミスター・ボア(猪)は外交官、ミズ・フェザント(雉)は舞台女優、ミスター・ラビット(兎)は奇術師、ミセス・ピジョン(鳩)は電気技師だ。
彼らは単にご馳走にありつくために来たのかと思いきや、実は湖の秘密を探ろうという意図も持っているらしい。彼らがミスターアウルに料理されてしまったのは、そのせいもあるか?

登場人物がすべて動物なせいか、ちょっと「残酷な童話」っぽいが、それにしても仲間の死体を喜々として食べるあたりがぞっとさせて、さすが畜生っていうか、でも本当に動物なのか、この人たち? そもそもミスター・アウルやハーヴィーも鳥なのか人なのかあいまいだし。(エピソードが進むにつれてだんだん人っぽくなってるような気がする) それにしてもミスター・ボアは卑しすぎるし不潔すぎるけど。

動物の話だし、タイトルにもCube Escapeの文字が入らないので、あくまで番外編だと思って始めたが、いきなりCASE23のエンディングの続き(デイルが不思議なエレベーターに乗っている)から始まって、これもシリーズの一環だということがわかる。

ここから攻略


ラスティ・レイク 1893年

やあ、自己紹介させてくれ。
私の名はミスター・アウル、ラスティ・レイク・ホテルのオーナーだ。
ああ、お客様が到着したな
この方々はそれぞれここに来る理由がある
そして私にもやはり彼らを滞在させる理由がある
私たちは5回のディナーを食べることになる
そのすべてが素晴らしい料理になるようにしてくれたまえ
(Make sure every one is worth dying for.
「全員が死ぬ価値のあるものにしてくれ」とも聞こえる)
素晴らしい週になることは確実だ
いっしょに思い出を作ろう
(思い出=記憶なのでいっしょにキューブを作ろうとも聞こえる)

●ロビー
ミスター・クロウ「お客様にウェルカム・ドリンクを差し上げてくれ」「地元の名産品だ」
肖像画の下の箱を見る 「これらの鍵は秘密のラスティ・レイク・スペシャルを解放する」(ディナーを成功させると、翌朝ミスター・クロウの後ろの鍵棚にルームキーが戻っているので、それを各部屋のどこかにあったスタンプの絵柄に応じてここに掛ける。すべてが揃うとスペシャル・アイテムが手に入るが、これはおまけ要素なのでやらなくてもいい)

●キッチン
ミスター・トード「やあ、お客が到着したんだってな」
「明日までに新鮮な材料を頼むぜ」

●ロビー
ミスター・ボア「腹が減った!」
ミズ・フェザント「私の写真撮影の準備はできまして?」
ミスター・ディア「今夜はブラディメアリを持ってきてくれ」
ミスター・ラビット「魔法を信じるかい? 今夜僕を見に来たまえ」
ミセス・ピジョン「今夜はお風呂を入れてくださいな」
(セリフは今夜だが、生きてる限り毎晩同じことを言うので、もちろん今夜でなくてもいい)

シュリンプカクテルx5を取って、客全員に配る。

ミスター・ボア「げーっぷ」
ミズ・フェザント「これちょっと魚臭いですわね」
ミスター・ディア「ありがとう。私はどっちかというと肉の方が好きなんだがね」
ミスター・ラビット「変な食べ物だな」
ミセス・ピジョン「ごめんなさい。私は目玉のついたピンク色の食べ物は食べられませんわ」
最後にクリックした客「明日の最初のディナーを楽しみにしています」
最後にクリックした客「もう部屋に戻らないと」

夜になって客たちは部屋に帰る


最初のディナー「鹿肉のステーキ マッシュルームとローズマリー添え」
(マッシュルーム、鹿肉、ローズマリー)

  • レシピはいつでも持ち物欄の上のメニューから確認できる。
  • どの料理もメインの肉だけあればゲームは進められるが、付け合わせが欠けていると★の数が減る。
  • 最初に手に入る食材が次のターゲットを示唆している。順番を間違えると手に入らない食材がある。

●ロビー
電話が鳴る。
ミスター・アウル(電話で)「私の肖像画を見たまえ」
肖像画から「マッシュルーム」
ミスター・クロウ「お客様の部屋に行って何かお手伝いすることはないか聞いてこい」(以後、毎晩繰り返し)

エレベーターで1階へ。(英国式なので実質2階。0が1階。2が3階。-1の地階はボタンが取れていて行けない)

1階1号室(ミスター・ディア)

●長椅子
ミスター・ディア「ブラディメアリを頼む」

長椅子の後ろから「ウォッカ」
左のテーブルから「鍵」
右のテーブルにブラディ・メアリのレシピ(血、ウォッカ、タバスコ、特別な材料?)

壁の鹿の頭をアップにして、向かって右の角をクリック
右の角の下の枝分かれしたところをクリックすると左の角が伸びる
左の角に生えた芽をクリックすると「ローズマリー」

壁の調査プランには「ホテルの高さは?」「湖の中には何がいる?」「下へ降りる方法はあるのか?」「水のサンプル」と書かれていて、スタンプが押されている。(このスタンプは後でルームキーを並べるときに必要なので形を覚えておく)

●ドア
テーブルからから「バケツ」
グラインダーから「グラス」
引き出しから「マッチ」

●実験器具
鍵で戸棚を開ける。10、5、6と書かれたフラスコ。一番左に8という矢印。
天秤で重りの重さを調べる
1=プラス
4+プラス=渦巻きなので、渦巻き=5
1+△=4なので、△=3

●窓
天秤の重りをヒントに窓のところの機械に「3531」と入力して「ナイフ」
左の窓を開けると滑車とロープ
ロープの端にバケツを結んで降ろしてから引き揚げると「水の入ったバケツ」
右の窓を開け、グラスを使って「蝶」(と書いてあるけど蛾だよね)

●ドア
蝶を標本の額にはめる。

●長椅子
ナイフでミスター・ディアの角を切ってグラスで受け「血」
ミスター・ディアの横のグラスにウォッカと血を入れる
鹿の首の右の角を動かすと鼻から赤いものが垂れるのでグラスで受け「タバスコ」
(血やタバスコを受けるのは空になっていればウォッカのフラスクでもいい)

●実験器具
バケツの水を棚の容器に入れると10dl(デシデシリットル)容器に5dl、6dl容器にに6dl入る。左の容器に8dl入れるのが目的
右から中、中から左、右から中、左から右、右から中、中から左、右から中、左から右、右から中、中から左、の順に水を移し替える
成功すると「8dlの水」

●ドア
標本の額と、実験器具の上の細長い額を見比べる
蛾を左から123とすると、213322の順
この順番で標本をクリックすると「種」

●長椅子
種をガラスケースの中の植木鉢に入れ、バケツの水をかけ、ケースを戻して、ランプにマッチで火を付ける
種をクリックするとスズラン。さらにクリックで「毒の種」

●ドア
グラインダーにグラスを付けて毒の種を入れて挽いて「毒の粉末」

●実験器具
8デシデシリットルの水を蒸留器の下の部分に入れ、真ん中に毒の粉末を入れ、マッチで火を付けて「毒」

●長椅子
毒をブラディ・メアリに入れてミスター・ディアに飲ませる
一度離れると泡を吹いて死ぬ
死体から「鹿肉」

翌朝
●ロビー
ミスター・クロウ「今日のディナーの支度をしなくては」(毎朝繰り返し)

●キッチン
コックに食材を渡す(毎朝繰り返し)

「鹿肉のステーキ マッシュルームとローズマリー添え」の出来上がり
ゲストの評決「パーフェクトなディナー★★★」(星の数は見つけた食材の数)


二度目のディナー「ニンジンと白豆のウサギ肉シチュー」
(ニンジン、ウサギの足、白豆)

ミスター・クロウ「シーッ、私のポケットの中を見ろ」
内ポケットから「ニンジン」
ミスター・クロウ「お客様の部屋に行って何かお手伝いすることはないか聞いてこい」

エレベーターで2階へ

2階4号室(ミスター・ラビット)

●ベッド
ベッドの上の電灯から「クラブのA」
壁の額縁を見る。Aと5の下にシンボル
引き出しいちばん下から「ナイフ」

●鎖で封印された戸棚

手の絵から「ハートの2」 2本指の下にシンボル
棚の上から「トップハット」
テーブルの後ろから「三角形の石」

ミスター・ラビット「よく見ていなさい」
耳から「クラブの5」

テーブルの上のカップでゲームをする
中味が入ったのはどれかを当てる
なぜか中味が毎回変わるが、4回成功すると「目玉」

●ドア
額に6つのシンボルとスペードのキングとダイヤの8(動かせるが取れない)
ミスター・アウルの絵とシンボル
絵のひたいのところに裂け目があるのでナイフで切り裂くと「白豆」
サイドテーブルの上の箱(YouTubeで有名になった、スイッチを入れると自分で切る、無意味な作業をする箱)
手が出てきたところでナイフを刺すと「指輪」

●窓
壁のポスターを見る。8つのダイヤが並んでいてシンボルとスタンプがついている
3本の剣の絵の裏に「ダイヤの4」

●鎖で封印された戸棚
テーブルの上の箱に指輪を入れると「鍵」
ミスター・ラビットにトップハットをかぶせると手品を始める
トップハットをクリックすると花が出てくるので、壁の絵(紫・赤・白・黄)の順に並べ替えるとミスター・ラビットが顔を出す
何度かミスター・ラビットの頭とトップハットを交互にクリックしていると「鍵」

●ドア
トランプの絵。2枚+集めた4枚のカードを、該当するシンボルの上に貼り付けていく(キングはミスター・アウルの目をしているのでミスター・アウルと考える)
左上から、2、4、5、A、8、K、で5の下から「鍵」

●鎖で封印された戸棚
3本の鍵を使ってすべての鎖を外すと、中にはミスター・ラビット
ドアの裏側の三角のところに石をはめてドアを閉める
ドアを開けるとミスター・ラビットの顔が骸骨になっている
骸骨の目に目玉をはめてドアを閉める
ドアを開けるとミスター・ラビットは元通り
もう一度ドアを閉めて開けると「3本の剣」

●窓
ミスター・ラビットが箱に入っている。
窓の外をミスター・ラビットではない白ウサギ男が通る
剣の絵に合わせて剣を刺す(失敗すると何も起きなくてやり直し)
成功すると血が流れてミスター・ラビットは死に、「ウサギの足」

翌朝
以下繰り返し


三度目のディナー「ハトのブラックベリーソースがけ、ポテト添え」
(ポテト、ハトの手羽、ブラックベリー)

夜になるとロビーの窓から流れ星
ロビーが真っ暗になるのでエレベーター係のミスター・バット(コウモリなんだが猫かと思った)を捜して、2回ずつクリックするのを計4回やると、ロビーがだんだん明るくなる
ミスター・バットが元の場所に戻ったらクリックすると「ジャガイモ」

2階5号室(ミセス・ピジョン)

●風呂
外は嵐
ミセス・ピジョン「コーンを持ってきてちょうだい」

●電球
額の絵。上から順に23434321に赤いxが付いている

●ラジオ
ラジオのダイヤルを操作してつまみを23434321に合わせると「鍵」
ラジオの裏から紙切れ

ヒヨコの絵
■←→□
△+□=4
S-◎=2

脳の絵
スタンプ
脳に電気で■
□+△+△=5
□+◎=9
額の裏から「紙切れ」

以上から判明
△=1
□=3
◎=6
S=8

中央の機械の抜けたところに2枚の紙切れを入れると機械が回って「鍵」
鍵でラジオの下の戸棚を開けて「コーン」
コーンをミセス・ピジョンに渡して全部食べさせると「鍵」

●ドア
機械に8613を入力してレバーを押すとヒヨコ
レバーを下げると感電する。6回拷問すると口から「ブラックベリー」
鍵2本を使って錠前を開けるとヒヨコが消える

●ラジオ
左のテーブルでパズルをする。虫を封じ込めるのが目的
虫はクリックしたのと反対方向へ逃げるので、外に逃げられたら負け
最初に石を置くのは虫の右の石の直下
あとは逃げ道を塞ぐように置いていく
虫を追い詰めると「クワガタ」(ちなみにクワガタは英語で鹿虫)

●電球
ヒヨコがいる
磁石の下にクワガタを入れると回転して電球が付く
レバーを押し下げると電球が3つとも付く

●風呂
電球の付いたスイッチを押すとミセス・ピジョンが感電して死に「ハトの手羽」

翌朝
●ロビー
ミセス・ピジョンのいたクッションの上から「白ワイン」
(ワインはミズ・フェザントの前にミセス・ピジョンを殺さないと手に入らない)


第四のディナー「キジの胸肉の白ワイン煮タイム添え」
(キジの胸肉、白ワイン、タイム)

1階3号室(ミズ・フェザント)

●ステージ
ミズ・フェザント「私の写真を撮ってちょうだい」
後ろのスクリーンを降ろす。アップにすると4x4のマス目がある。

●時計
棚の上から「写真の薬液」
パンチとジュディの舞台(英国伝統の暴力的な人形劇)
時計の上の芽をクリックすると「タイム」(timeとthymeのダジャレ)
机の上のチラシ。ミズ・フェザントの一人三役で『湖の思い出――過去と未来についてのドラマチックな物語』 左上にスタンプ
引き出しから「乾いたガラス板」
バットに薬液を入れ、ガラス板を浸して「濡れたガラス板」

●窓
引き出しから「刷毛」
窓を開けてしばらく待つと手が出てくる。そこで窓を手の上に落とすと、血が流れる。刷毛で吸い取って「血の付いた刷毛」

●ステージ
スクリーンに血の付いた刷毛で十字を描く。(間違えたら、右に下がっている布で消せる)

●カメラ
額の上から「鍵」

●時計
鍵で右の扉を開け「帽子」
ミズ・フェザントに帽子をかぶせる

●カメラ
カメラに濡れたガラス板をセットしてシャッターを押す
「骸骨になったミズ・フェザント」の写真
写真をカメラの横の額縁に入れると、「濡れたガラス板」
(毎回繰り返し。写真を撮る前にガラス板を入れるのを忘れずに)
写真にシンボル、左から○にトゲ、傘、S字

●窓
植木の下の箱にシンボルを入力して「カラスの仮面」

●ステージ
仮面をミズ・フェザントにかぶせる
スクリーンに縦2本線を塗る
写真を撮って窓の横の額(どっちでもいい)に入れる
写真に時計の絵 3:30(見えない場合は拡大鏡を使う)

●時計
時計の針を3:30に合わせると、振り子から「小さい麺棒」
麺棒をジュディに持たせパンチを叩かせると「小さい斧」
斧をパンチに持たせジュディを叩かせると「小さいトーチ」
トーチをジュディに持たせてマッチで火を付けるとパンチを燃やして「鍵」
鍵で下の戸棚の左の扉を開けると「フクロウの仮面」

●ステージ
仮面をミズ・フェザントにかぶせる
スクリーンをWの形に塗る
写真を撮って窓の横の額に入れる
拡大鏡で見るとシャツの胸に
****●
***●*
**●**
*●***
**●**
***●*
**●**
*●***
●****
**●**

●時計
机の上のオルゴールをクリック
パンチ穴を上の図に合わせセットしてハンドルを回すとオルゴールがメロディを奏でて「鍵」

●窓
鍵で引き出しの上の箱を開けると「拳銃」

●ステージ
拳銃をミズ・フェザントに渡して写真を撮ると自殺して「キジの胸肉」


最後のディナー「イノシシのあばら肉の赤ワイン煮込みトマト添え」
(イノシシのあばら肉、赤ワイン、トマト)

翌朝
ミスター・ボアの前から「赤ワイン」

1階2号室(ミスター・ボア)

●寝椅子
ミスター・ボア「サンドイッチを持ってこい」
「キャンドル」

●トイレ
トイレの中から「イノシシの糞」
壁の絵を見る(上に青丸6個、下に赤丸5個x2)
戸棚から「レタス」と「マッチ」
戸棚の上のまな板にパンを置き、糞とレタスをはさんで「サンドイッチ」

ミスター・ボアにサンドイッチを渡す
ミスター・ボア「遅いぞ!」
食べ終わるといなくなる(さすがに腹を壊したらしくトイレに入ってる)

●ドア
右の戸棚でパズル
上のダイヤルを回すと、直下の一番上の玉と入れ替わる。これを利用して上に青玉6個を集めると「阿片パイプ」
棚の上から「トイレットペーパー」
ミスター・ボアにトイレットペーパーを渡す(そうすると寝椅子に戻る)

●窓
左の鉢の花びらを落として「阿片」

壁の手紙にスタンプ
「親愛なる大使殿。共通の友人から貴殿の常用癖と不安について伺いました。ついては貴殿をラスティ・レイクにご招待したいと思います。私どもの優れたメンタル・ケアと魚釣りの設備は貴殿に心の平和をもたらすものと存じます。敬具、ミスター・アウル」

●寝椅子
ミスター・ボア「サンドイッチを持ってこい」
また糞サンドイッチを作って食わす
トイレットペーパーを持っていくと糞とともに血があふれる
血の中から「トマト」

猿をクリック
12321331233で「鍵」(ここだけ理由がわからない)

●窓
窓の左の棚を鍵で開け、キャンドルで照らすと
縦左2列が赤で1列が青

●ドア
右の戸棚でパズル。縦左2列が赤で1列が青に合わせると「ハンマー」

●寝椅子
ハンマーで斧を外して「斧」
ミスター・ボアにまた糞サンドイッチを食わして追い払う
綱をいちばん下まで下げて斧に結びつけ、斧をいちばん上まで持ち上げる
ミスター・ボアにトイレットペーパーを渡して戻す
阿片パイプと阿片を渡しマッチで火を付ける
画面を移動すると部屋に煙が立ちこめて真っ白になり、霧の立ちこめた森に変わる
森を移動してカラスを4回クリックすると、霧の中からミスター・クロウが現れ「ナイフ」
ミスター・クロウ「どうすればいいかはわかってるな」
部屋に戻る
ナイフで綱を切ると斧が落下して「イノシシのあばら肉」


翌朝
料理が終わると
ミスター・クロウ「最後の料理はミスター・アウルに持って行ってくれ」


ミスター・クロウ「ミスター・アウルの部屋に会いに行け」

ルームキーを35412の順にかけると、下の扉から「ラスティ・レイク葉巻」

2階6号室(ミスター・アウル)(Privateの札がかかっている)

ミスター・アウル「いよいよ最後のディナーだな」
「記憶をありがとう」
「それにハーヴィー、葉巻を持ってきてくれて本当にうれしいよ」(葉巻を持ってきた時だけ出るセリフ。これでプレイヤーがハーヴィーだったことがわかる)
「湖は感謝するだろう」
「私の黒いキューブを見てきてくれないか?」
5つのタンクにキューブが浮いている。クリックすると5人のゲストの黒い影。(ミスター・ラビットだけは白ウサギ)
ミスター・アウル「記憶は過去に通じる鍵であるだけではなく、未来にも通じているのだ」
「ご覧」
料理の蓋が持ち上がると中には白いキューブ
白いキューブの中には霧の森。黒いキューブをすべてクリックするとエレベーターが現れ、デイルが乗っている。エレベーターはラスティ・レイク・ホテルに通じている。

★をすべて取ると、次の「Birthday」で使えるシークレットコード(1894)がもらえる

広告
カテゴリー: ゲーム評 タグ: , , , , パーマリンク