【ゲーム評】Skyrim事始め その3.日本語化とMODの導入

skyrim06相変わらずコントロールに苦しみ、果たしてこのゲームができるのかどうかもわからないのに、

目標その1 馬に乗ってSkyrimの大地を駆け回る。ついでにあっちこっち観光する。
目標その2 ドラゴンに乗って以下同文。
目標その3 自分の家を建て、伴侶だかペットだかそういうのをはべらせて日常生活をする。
目標その4 スカイリム、と言わず、タムリエル最強の魔法戦士になる。

というよくわからん目標のために、ゲームに励む、んではなく、いきなりMOD探しに走った私の運命は?

それでまだチュートリアルが終わったばかりなのに、便利MODとかは先に入れておこうと、MODについて調べ始めた。すると、日本語版ではほとんどのMODが動かないという恐ろしい事実を知る。おいおい、うちのはSteamが勝手に日本語版をインストールしちゃってるんだけど。
そのため日本語でMODを使いたい人は、日本語版から日本語化パッチを取り出し、それを英語版のSkyrimに上書きするという面倒なことをしなくちゃならないらしい。
でも私はぜんぜん困らないもんねー、と余裕。というか、最初から日本語版なことに文句言ってたんだから、アンインストールして英語版に直すいいチャンス!

というわけで、また長時間のダウンロードに耐えて、英語版をインストール。(SteamのライブラリでSkyrimを右クリックし、プロパティから言語ー英語を選んでからインストールすると英語版になる)
それであらためてプレイしてみたら、やっぱり英語の方がずっとしっくりくるわ。どうも「吹き替え」では雰囲気が出ない
ただ、村の連中がよくまあペラペラとしゃべるんだわ。英語音声はすごく聞きやすいし、字幕も出せるので、わからないってことはないのだが、今後もクエストとか受けるたびにこの調子で大勢がペチャクチャしゃべるのを注意して聞かなきゃならないのはわりとしんどいかも。
いや、移動にここまで神経使わないですめば、会話ぐらいどうってことないんだけど。ていうか、そもそもストーリーもつまらなそうだし、興味ないんで、ストーリー部分をカットするボタンはないの?(Elonaじゃないのでない)
これが映画ならセリフや演技自体が作品だから英語でもまじめに聞くけど、たかがゲームでめんどくさいことはまっぴらな私は、「やっぱり日本語に戻そう!」と決意。
で、またダウンロード(笑)。そしたらダウンロードに失敗して途中で止まってまたやり直し。ああ、めんどくさい。なんでこのゲーム、言語を簡単に切り替えられないのよ。というか、たぶん日本語版だけが特殊なんだろうが。

これでやっと改造開始、と思ったら、そう簡単にはいかないことがわかった。ようするに日本語版から日本語化パッチを取り出してそれを英語版に入れてやればすむことなのだが、そのパッチが入ってるbsaファイルからデータを取り出すには専用のプログラム(いろいろあるが私が使ったのはBSA Browser)が必要。
さらにMODを管理するには、SkyrimのほとんどのMODを置いてるNexusModsというサイトにからNexus Mod Managerというプログラムをインストールする必要がある。じゃあそれもいっしょにインストールしようと思ったらメンバー登録が必要で(もちろんすべてお金はかからない)、メンバー登録して認証して、ダウンロードしてインストールして、まだMODはひとつも入ってないのに結局これだけで半日かかってしまった。
ちなみに英語版日本語化のくわしいやり方は日本語Wikiに書いてあります。

そういえば『シムピープル』をやってたころも、いろんなパッチだのツールだのを大量に入れてすごい面倒なことをやってたっけ。やっぱりある程度複雑なゲーム、それも洋ゲーだとこの作業が必要なんだよな。でもそういういろんな改造ができるから洋ゲーはおもしろい、ということを初めて知ったのもシムピープルなんだけど。

そういえば、日本のRPGでそういうの聞いたことないんだけど、ないのかしら? マルチプレイヤーだとできないというのはわかるんだけど。好き勝手に自分好みのゲームに改造できるというのも、シングルプレイヤー・ゲームならでは。
MODも、シムのツール類やスキンやオブジェクトもMODだし、ローグライク(主にToME)でさんざん使ってたから経験ある。あれこそ参考になる日本語資料は何もないから(そもそも日本語版がなかったので)、すべて手探りで、使い方も自分で見つけなくちゃならなくてすごい面倒だった。

でもこうして悪戦苦闘している間にいいことを思いついた。主に吹き替えがいやなだけなんだから、音声は英語にして、字幕だけ日本語にすればいい。そうすれば聞き取りづらい固有名詞も一目でわかるし。どうやらこのボイスなんとかというのが音声ファイルだから、これを入れなきゃ済む話じゃない。それに字幕はオンオフできるから、日本語うざいと思えば消せばいい。
そこでテキストだけ入れ替えたんだが、ゲームを起動してみると、なぜか日本語しゃべってる! 音声ファイルは入れてないはずなのに。もしかしてWikiの情報古い? 古いゲームだからそれも考えられるが、私が間違って日本語版をダウンロードした可能性も? 困ってまたSteamの画面から英語を選択したら、なぜか会話は英語、字幕は日本語になった。んんん? まあ、もともとこれが目的だったからいいや。

それでゲームはそっちのけで、もっぱらMODを捜したりダウンロードしたりしていた。とにかくこれほどの人気ゲーム、それも古くからあるゲームとなるとMODの数が半端ない。
シムピープルのオブジェクト探しをしていたときも思ったけど、これだけあるとほんとピンキリというか、中には本当に神業に近くて公式よりすごいというのもある一方で、素人がためしに作ってみましたというのもある。シムピープルぐらい目が肥えてると一目でその違いがわかったが、こっちはまだなんにもわからないから、人のおすすめ記事とか読んでいると、それだけでもうゲームを堪能した気になってしまう。

で、特に日本のMODサイトやブログを読んでわかったのは、日本でいちばん人気があるMODはいわゆるキャラクター美形化MODだってこと。どうも日本人には洋ゲーのこの手の顔が耐えられないようで、美女とか美少女とかに変えるMODが紹介されていた。それも女性キャラばっか!
それは好みの問題だからいいけど、このストーリー、この背景で美少女って合わなくないか? このゲームにはパーティーという概念がなくて、基本一人プレイなんだが、フォロワー(従者)というのを一人だけ連れて歩ける。どうやら男性諸氏はそのフォロワーに凝りたいらしい。
うーん、命がけの危険な冒険のパートナーなんだから、私はどうせなら(自キャラが男でも)たくましい男を連れて歩きたいがなあ。まあ、結婚もできるから、どうせなら美少女がいいんでしょう。
実際、アンチSkyrimの言い分の第一が「キャラクターの顔がかわいくない」だし。はあ、そういう人はドラクエでもFFでもプレイしてればいいんじゃない?

ただ、私はこのゲームのキャラの顔、そう悪いと思わないんだけど。少なくとも昔の洋ゲーキャラの吐きそうな醜さにくらべれば。RPGのキャラに初めて顔グラがついたのって、WizardryだったかM&Mだったか忘れたが、あまりの醜さに正視できなくて、画面の下半分(グラが表示されるところ)を紙で隠してプレイしていたぐらい。これのいちばん下のやつなんかぜんぜんましな方ですよ。この時代を知ってるから自信を持って言えるけど。

The Elder Scrollsシリーズの1作目から現在までの種族別キャラグラの変遷

The Elder Scrollsシリーズの1作目から現在までの種族別キャラグラの変遷

まあ、こうやって見るとSkyrimもけっこうすごいが、ある意味、リアルになりすぎたせいで、「不気味の谷」に近付いてるのかもね。
それでも日本のファイナル・ファンタジーや韓国ゲームのほとんどみたいに、気持ち悪いマネキンかホストみたいな顔の男女が出てくるRPGは死んでもやらないし、そんなMOD入れたくないけど。
そういうMODのプレイ動画見たけど、やっぱりめちゃくちゃ浮いてるし。それならまだマイ・リトル・ポニーのMODでも入れた方がましだわ。(馬が馬に乗ってたりしてめちゃくちゃシュール)

そういえば、こういうキモいMOD作ってるのみんな日本人かと思ったら、すべて外人なのね。それに日本人が作ったMODってほとんどないような気がする。シムピープルの時代には日本人のオブジェクト作家って多かったし、すごくレベルも高かったので、「さすが手先が器用な日本人」と思ってたんだけど。(これは完全に私の勘違いで、日本人モダーは多かった。英語のダウンロードサイトで解説も全部英語だから外人かと思ってた)
ただまあ、自キャラの顔を見ることはほとんどないからいいとは言え、ときどきやっぱりオエッと思うことはあるし、中には「バニラの雰囲気を壊さない」(バニラとは加工しない素のままということ)のが売り物のMODもあるから、入れてみる気になった。こういうの、うまい人のは本当にうまいからね。

skyrim08

確かにこういうMODはすごい。でもこういうゲームがやりたいなら別のゲームをやるべきなんじゃないかね? 特になんで私が中世ものを好むかっていうと、あの暗さと「汚し」がたまらないからで、男は汚れてるのに女はツヤツヤピカピカだと変だし、男までこうやってきれいにしてしまうと本当にマネキンにしか見えない。
私が入れたスキンMODは「WICO – Windsong Immersive Character Overhaul」という有名なMODで、中でもいちばんバニラに近いやつにしたせいか、あんまり違いがわからない。


ところでさっきからストーリーをないがしろにしているのでわかるように、私のSkyrimでの目標は、ゲームをクリアすることでもクエストをコンプリートすることでもない。

目標その1 馬に乗ってSkyrimの大地を駆け回る。ついでにあっちこっち観光する。
目標その2 ドラゴンに乗って以下同文。
目標その3 自分の家を建て、伴侶だかペットだかそういうのをはべらせて日常生活をする。

なんか私の遊び方、人と違いますか? でもそれを許してくれるのがSkyrimの良さだよね。ああ、あともうひとつ忘れてた。

目標その4 スカイリム、と言わず、タムリエル最強の魔法戦士になる。

だいたいどのゲームでも私は魔法戦士なんだよね。実は思い切り人をぶん殴ったりぶった切ったりするのが好きなので、本当はいちばん好きなのは純戦士なんだけど、RPGではある程度強くなると戦闘そのものが面倒くさくなることが多くて、そういうとき楽に敵を一掃できるから魔法も使える必要があるだけ。

で、この目的に合うMODを探そうと思ったんだけど、調べてがっかり。SkyrimのMODの多くが、SKSEというプログラム(?)がないと動かなくて、このSKSEが最新版であるSpecial Editionには対応していないのだ。まずは日本語版がダメ、おまけにSpecial Editionがダメだと?! もちろんいずれはアップデートされるんだろうけど、そういうわけで、あれだけ苦労したのに今のところは大多数の古いMODが使えないという状況。ちぇっ。
まあ、それでも懸命に探してインストールしたけど、なんとそのひとつがまさに上で言った神の作品だった‥‥。

というわけでゲームはぜんぜん進んでない(なにしろ3D酔いのため、一日30分ぐらいしかできない)のだが、その代わりにMOD集めにはまっていた。ただ、ろくにゲームもしてないのにこんなこと言うのもなんだが、このゲーム期待したほどのものじゃないかなとも思い始めていた。

確かにグラフィックはすごい。人の顔はアレだが、風景は文字通り息を呑むほど美しい。(もちろんこのブログのヘッダーもSkyrimです)
特に今回の舞台は大陸の北部ということで、私の目にはどう見てもスコットランドだったり、ウェールズだったりするので、特に萌える。まあ、それも当然。そもそもなんであそこらへんにここまでのめり込んだかというと、行ってみたら本当にファンタジーに出てくる景色そのままだったからなんで。
考えてみると本当にすごいな。今、Skyrimのスクリーンショット集めに凝ってるんだけど、そのフォルダとスコットランド・ウェールズの風景フォルダを見比べてもどっちが本物かわからないぐらい似てたりする。もちろん私が撮ったヘボ写真じゃなく、ちゃんとプロが撮ったファンタジックなやつ。でも目で見ると本当にこうなんだよね。
ブログで見てもらいたいと思って、beautiful skyrim landscapesというワードでYouTubeを検索していたら、出てきたのはスコットランドのグレンコーの動画だった。確かにそうだけども‥‥(笑)。スコットランドがSkyrimに似てるんじゃなくて、逆だってば!

ただし、このゲームの風景は一部明らかにアメリカとカナダが入ってるけどね。(アメリカのメーカーだから当然だけど) あの背の高い杉の木とか。そこがやや白けるところ。

skyrim09まさに実写と見まがうばかりの美しさだが、植生が一目でアメリカ大陸とわかってしまうのが残念だ。これがヨーロッパ風の樹木なら最高だったのに。だから木の生えない山の上はすごくスコットランドっぽいのだが、逆に雪が積もってるのでスコットランドに見えないのがつらい。

ただ、それ以外はどうなんでしょ。風景はすごいけど、人物のCGは当然ながら映画やなんかには見劣りする。このゲーム自体が古いってせいもあるけど、やっぱりカクカクしてるし、足が地面から浮いてるし。まあ、アニメーションじゃなくてゲームということを考えたら、これでもやっぱり夢のようなんだけど。

世界観がしっかりしててすばらしいっていうけど、Wikiを読んだ感じじゃいかにもありがちなゲームの設定という以外、何も感じない。だいたいこういう政治とか宗教とかの、ファンタジーっぽくない話嫌いだし。ゲーム自体のストーリーも、もちろんまだほとんどやってないからわからないが、とりあえず帝国と地方のレジスタンスの争いって、あまりにもよくある話なんでちょっと。
これもやってみないとわからないけど、これはクエストもあんまり期待できそうにないなあ。要するに何かを手に入れるにはこのクエストを終わらせる必要があるという、ただの関門みたいに使われてるだけっていう気がする。とにかく、久々に思い出したT&Tのクエストが本当にバラエティに富んでいて、泣かされたり、怖かったり、手に汗握ったり、モロに感情移入できたのにくらべると、あまりに物語性がないように思う。(これはどういうのか知らないと通じないと思うけど、必ず書きます)

まあ、すでに書いたように私の目的はゲームっていうより観光や家作ることだから、つまんなそうならストーリー部分はすべてパスするつもり。
ただ、期待した家やドラゴンも、ちょっとWikiを見ちゃったら、家は好きなようにデザインできるわけじゃないみたいだし(家具すら動かせないとか)、ドラゴンは乗れてもプレイヤーが操縦できるわけじゃないって、なんかがっかりだな。
何より、すぐれたファンタジーRPGは心底その世界に没入できて、この世ならぬものを見せてくれるものなのに、(プレイ時間が短いのと操作が下手なせいもあるだろうが)なんかそこまでのめり込めないのが痛い。

と、急速にしぼんでいったSkyrimに対する私の評価を180度変えさせて、すげえええええ!と叫ばせたのは、ゲーム本体とは何も関係のない、たったひとつのMODだった。

思わせぶりにつづく

広告
カテゴリー: ゲーム評 タグ: , , , , , パーマリンク