【映画評】キアヌ4本立て 前書き

ここに書いたように私は『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)で一目惚れしてからずっとキアヌ・リーヴスの大ファンなのだが、さしもの不老不死(やっぱり死ぬと思う)のキアヌも、50過ぎたあたりからそろそろ衰えが出てきた。それで、こちらも引導を渡すかどうか決めかねているんだが、そんなキアヌの未リビュー映画をまとめてみた。

ファンと言ったそばから、容姿が衰えたから見放すってひどいって? う~ん、でもキアヌはべつに演技力に惹かれたからファンになったわけじゃなく、もともと顔と体目当てだからなあ。〈もっとひどいわ〉 まあ、それぐらい好みだったってことで。
もうあっちこっちに書いたから詳しくは書かないけど、私にとってのキアヌの魅力を簡潔に言うと、

長身痩躯
淡白で端正な顔立ち
クールで貴族的な風貌
ミッドアトランティック・アクセント【注】
半分だけどイギリス人

ってところかな。

【注】ミッドアトランティック・アクセント カナダ英語は英語と米語の中間なのでこう呼ぶ。まあ、この人はカナダ人と言っても生まれ育ったというだけで、ずっとアメリカで生活してるからかなりアメリカナイズされてはいるが、それでもお母さんがイギリス人なので、地のしゃべりにはどこかイギリスっぽい響きが残ってるので。

ただ、保ちの良さには驚いたけど、もともと彼の老後にはあんまり期待していなかった。こういうつるんとした美男って年取ると悲惨なことが多いし、そもそも彼の魅力って若々しさにあったから、それがなくなったら何が残るかなって思って。
役者だから演技がうまければ容姿の衰えなんてどうとでもなるんだけど、彼はあの棒を呑んだような、無表情のでくのぼう演技だしねえ。(そこがよかったんだけど)

とりあえず、こういう役者主体のリビューのおもしろさは、「キアヌが出てなかったら絶対見ない」タイプの映画も網羅することだろう。ただでさえ私は選り好みが激しいからね。ただしそういうわけで、作品の質はほんと玉石混淆です。

キアヌ4本立て もくじ

【映画評】ディアボロス/悪魔の扉(1997)The Devil’s Advocate
 ★【映画評】ジョン・ウィック (2014)John Wick
 【映画評】エクスポーズ 暗闇の迷宮(2015)Exposed
 ★★【映画評】イーライ・ロス『ノック・ノック』Knock Knock(2015)

カテゴリー: 映画評 タグ: パーマリンク