【お買い物日記】エルゴノミック・キーボード再び あとATOKのこと

パソコンが来るのが待ちきれなくてキーボードを買ってしまった(笑)。キーボードは前のも問題なく使えたんだけどね。
買ったのは実は以前に持ってたのと同じPerixx(ドイツのメーカー。もちろん中身はMade in Chinaだけど)のエルゴノミクス・キーボード

あそこに書いたのは買ってすぐの感想なので、まだ慣れなくて賛否両論という感じだが、実は使えば使うほど手になじんで気に入ってた。それが壊れた後は同じメーカーの普通のキーボードを使っていた。エルゴに慣れちゃうと他のキーボードが使えなくなると思ったのと、そっちのほうが安かったから。

でも買い替えてすぐに後悔した。普通のキーボードはただの平たい板で、手をそれに合わせないとならないが、エルゴノミックはキーボードがふわっと手の中に入ってくる感じ。あれがなつかしくて今度買い替えるときは絶対エルゴに戻そうと思っていたのだ。
あと左右のキーが開いているので、上の写真のように肩が自然に開いて楽になるのもいい。これも普通のに買い替えてしばらくは肩をすぼめないと打てなくて、肩が凝ってしょうがなかった。

続きを読む

カテゴリー: お買い物日記

【お買い物日記】(超かっこいい)ゲーミングPCがやってきた!

ずっと使ってきたパソコンがこの夏にとうとう壊れた。
その前のは13年使ったけど、今度は7年で買い替える羽目になった。と言うとパソコンなんて4-5年で買い替えるもの!と言われてしまうのだが、前も言い訳したように、私みたいに年収200万の貧乏人じゃしょうがない。

続きを読む

カテゴリー: お買い物日記 | タグ: ,

【身辺雑記】大学教員がコロナで死にそうになったわけ

(これでも思い切りオブラートに包んで書いてます。つまり大学や教員や学生の悪口は書いてません。それ抜きでもここまで大変だったという話)

というわけで、ご存知の通り、今年は大学はすべて遠隔授業になった。
それだけならまだいいが、そのための支援は何ひとつ得られない状況で、初めてさわる授業システムの使い方を覚え、遠隔なんてまったく予想もせずに選んだテキストで、資料を集め、授業を作って毎週アップロードしなくてはならなくなった。

続きを読む

カテゴリー: 身辺雑記 | タグ:

★★【映画評】男にとって理想の女性像は30年間でここまで変わった ドゥニ・ヴィルヌーヴ『ブレードランナー 2049』(2017)Blade Runner 2049 

MV5BYWJjZTM3M2UtY2UwZi00MWIwLTg4NzQtYjM0NDQyNzhkYWJmXkEyXkFqcGdeQXVyNzg2ODI2OTU@._V1_

タイトル通り、女性観という観点からオリジナル『ブレードランナー』との30年の差を考えたリビュー、ほかに「ぷっつん女優」ショーン・ヤングの奇行を振り返ったり、ディック映画を総括したり、けっこう中身が充実しているので★★にしたけど、私はこの映画嫌いです。

というわけで、『エイリアン: コヴェナント』と並ぶもう一本のなつかしのリドリー・スコット・フィルムの続編がこの『ブレードランナー 2049』。ただしリドリーはここでは制作にまわっていて、監督はしていない。
『ブレードランナー』は私にとってはある意味『エイリアン』以上に思い入れ深い作品。というのも、『エイリアン』はリドリー・スコットのオリジナルだが、『ブレードランナー』は「私を作った作家」のひとり、P・K・ディック原作というわけで、まさに私の映画だから。
もっとも当時はH・R・ギーガーにも狂っていたから、そのギーガーが参加した『エイリアン』も同じぐらい大事な映画だったし、そもそもどっちもSFだったし、その両方を監督したリドリー・スコットもまた、かつての私の神々のひとりだった。

関連記事
『ブレードランナー』(1982)Blade Runner

続きを読む

カテゴリー: ★★, 映画評 | タグ: , , , , , , , ,

★★★【映画評】リドリー・スコット『エイリアン: コヴェナント』(2017)Alien: Covenant 第四部

Alien-Covenant_13

関連記事
『プロメテウス』(2012)Prometheus 前編
『プロメテウス』(2012)Prometheus 後編
『ブレードランナー』(1982)Blade Runner

『エイリアン: コヴェナント』リビューもくじ

第一部
これなら靴を舐めてもいいと思ったのに
ヒロインのキャサリン・ウォーターストンのこと
オープニング・シーンのこと
コヴェナント号のこと
ウォルターのこと
第四惑星へ

第二部
ネオモーフ登場
クルーについて
デヴィッド登場
デヴィッドxウォルター その1
デヴィッドxウォルター その2

第三部
パラダイスに何が起こったのか?
ショウに何が起こったのか?
デヴィッドxウォルター その3
デヴィッドの子供たち
父子の物語
再びヒロインについて

第四部

そしてラストは
オマージュとシンボルとメタファー
『コヴェナント』のあやまち
続編について
閉じる円環――エンディング予想

続きを読む

カテゴリー: ★★★, 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , , ,

★★★【映画評】リドリー・スコット『エイリアン: コヴェナント』(2017)Alien: Covenant 第三部

Alien-Covenant_13

関連記事
『プロメテウス』(2012)Prometheus 前編
『プロメテウス』(2012)Prometheus 後編
『ブレードランナー』(1982)Blade Runner

『エイリアン: コヴェナント』リビューもくじ

第一部
これなら靴を舐めてもいいと思ったのに
ヒロインのキャサリン・ウォーターストンのこと
オープニング・シーンのこと
コヴェナント号のこと
ウォルターのこと
第四惑星へ

第二部
ネオモーフ登場
クルーについて
デヴィッド登場
デヴィッドxウォルター その1
デヴィッドxウォルター その2

第三部
パラダイスに何が起こったのか?
ショウに何が起こったのか?
デヴィッドxウォルター その3
デヴィッドの子供たち
父子の物語
再びヒロインについて

第四部

そしてラストは
オマージュとシンボルとメタファー
『コヴェナント』のあやまち
続編について
閉じる円環――エンディング予想

続きを読む

カテゴリー: ★★★, 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , , ,

★★★【映画評】リドリー・スコット『エイリアン: コヴェナント』(2017)Alien: Covenant 第二部

Alien-Covenant_13

関連記事
『プロメテウス』(2012)Prometheus 前編
『プロメテウス』(2012)Prometheus 後編
『ブレードランナー』(1982)Blade Runner

『エイリアン: コヴェナント』リビューもくじ

第一部
これなら靴を舐めてもいいと思ったのに
ヒロインのキャサリン・ウォーターストンのこと
オープニング・シーンのこと
コヴェナント号のこと
ウォルターのこと
第四惑星へ

第二部
ネオモーフ登場
クルーについて
デヴィッド登場
デヴィッドxウォルター その1
デヴィッドxウォルター その2

第三部
パラダイスに何が起こったのか?
ショウに何が起こったのか?
デヴィッドxウォルター その3
デヴィッドの子供たち
父子の物語
再びヒロインについて

第四部

そしてラストは
オマージュとシンボルとメタファー
『コヴェナント』のあやまち
続編について
閉じる円環――エンディング予想

 

続きを読む

カテゴリー: ★★★, 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , , ,

★★★【映画評】リドリー・スコット『エイリアン: コヴェナント』(2017)Alien: Covenant 第一部

Alien-Covenant_13

そして台座にはこう記されている
「我が名はオジマンディアス、王の中の王なり
全能の神よ、我が偉業を見よ、そして絶望せよ!」
しかし他に残ったものは何もない
朽ち果てた巨大な遺跡の周囲には
不毛な人気もなく平坦な砂漠が果てしなく広がっているのみ
――パーシー・ビシュ・シェリー『オジマンディアス』より
(うちには翻訳がないので今適当に訳してみました)

関連記事
『プロメテウス』(2012)Prometheus 前編
『プロメテウス』(2012)Prometheus 後編
『ブレードランナー』(1982)Blade Runner

前口上

♣ まず最初になんでこんなに見るのが遅れたか言い訳しないと。
♥ 期待しすぎて見るのが怖いのと、おいしいものほど後に取っておく習性のせいで。
♠ というか、ここのリビューは必ずしも見てすぐ書いてるわけじゃないのよ。見た直後に興奮して書くけど、書いたことで興奮が冷めちゃって、そのまま何年もオクラになってる映画も多い。
♥ 書いてる間に興奮が冷めてそれっきりになることもある。

♦ 言い訳なんかいいから! というわけで、いつも書いてるようにグロいモンスターと強い女が三度のご飯より好きな私は、映画『エイリアン』シリーズは1から4まですべて死ぬほど好き。
♣ ちょっとずるいけど、4本セットなら確実に私の生涯オールタイムベスト映画の3位には入るぐらい好き。(1位は『地獄の黙示録』、2位は『2001年』で固定なので)
♠ と言ってもそれは「正編」の話で、前作『プロメテウス』はあくまで番外編ということで、それほど評価はしてないのだが、それでもその続編のこれには大いに期待がかかった。
♦ やっぱり『エイリアン』の創造主リドリー・スコット監督ということと、マイケル・ファスベンダーという玉を発見したという、それだけでも私には恩のある作品。
♥ それに前作じゃ解けなかった謎が多すぎたので、これを見れば解けるんじゃないかと期待した。

【ご注意】
なんと公開から3年もかけて書いてるのでめちゃくちゃ長くて四部作になってしまいました。映画自体はそれほどの出来ではないんですが、偏愛作なんで勘弁してください。星3つもそういう個人的思い入れのことです。
あと、今回はややグロ多めなので、そういう描写やスチルもありますので、嫌いな方は閲覧注意です。

『エイリアン: コヴェナント』リビューもくじ

第一部
これなら靴を舐めてもいいと思ったのに
ヒロインのキャサリン・ウォーターストンのこと
オープニング・シーンのこと
コヴェナント号のこと
ウォルターのこと
第四惑星へ

第二部
ネオモーフ登場
クルーについて
デヴィッド登場
デヴィッドxウォルター その1
デヴィッドxウォルター その2

第三部
パラダイスに何が起こったのか?
ショウに何が起こったのか?
デヴィッドxウォルター その3
デヴィッドの子供たち
父子の物語
再びヒロインについて

第四部

そしてラストは
オマージュとシンボルとメタファー
『コヴェナント』のあやまち
続編について
閉じる円環――エンディング予想

 

続きを読む

カテゴリー: ★★★, 映画評 | タグ: , , , , , , , ,

【ゲーム評】『ゴースト・オブ・ツシマ』(Sucker Punch Productions, 2020)Ghost of Tsushima 風景と声優と馬の話

ghost-of-tsushima

まあゲーム評っていうか、プレイもしてないんですけどね(笑)。私、プレイステーション持ってないし、買うつもりもないし。ていうか、今はパソコンもないし(笑)。(とうとう壊れたのだが、仕事が忙しすぎて買う暇もなく大学から借りたノートで書いてる)
そんなわけでゲームがやりたくてやりたくて死にそうなのにできないので、やむなくYouTubeのゲーム動画など見ているうちに、いろいろ言いたくなった。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: , , , ,

★ゲーム実況っておもしろいの?ー目指せ、ギネスブック?

というわけで、前は英語版しか見たことがなかったYouTubeを、(爬虫類動画見たさに)近頃は日本のもぽつぽつ見るようになったのだが、以前から理解できなかったのがゲーム実況ってやつ。

いや、しょっちゅうおすすめに上がってくるから、人気あるのは知ってたけど、ゲームがおもしろいのは自分でやるからで、人がゲームしているのを見てもクソおもしろくもなくない? ゲーセンで人のプレイを後ろで見ているようなものなのかな?
とにかくこれがニコニコの時代からすごい人気なのは知っていたが、どうしても理解できなかった。でもゲーム実況じゃないが、私がすごいおもしろいと思うチャンネル、すごい芸を持ってたり、すごい苦労してビデオ作ってるような人が登録者3000人とかなのに、こういう日本のゲーム実況者って登録者数百万人だったりするんだよね。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評, | タグ: , ,