【映画評】デヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』(1992) Twin Peaks: Fire Walk with Me

♣ シーズン3本編のほうを♦♥がやるというので、こっちは♠♣でお送りします。まあ、リビュー書き損ねたやつの在庫整理なんだけどね。
♠ この映画版プリクエルは公開当時に映画館で見たんだけどリビューを書いてない。というのも、すごい怒り狂ってそんな気になれなかったんで。
♣ なんでそんなに嫌いだったんだっけ?
♠ 覚えてない(笑)。リビュー書かないとだめなのはそのせい。ストーリーすらすべて忘れてた。クソだのゴミだのわめき散らしてたことだけは覚えてるけど。

♠ 実を言うと、当時の観客や批評家の評判も似たようなものだったんだよね。おかげで映画は大コケ(少なくとも本国では)、批評家にもボロクソ言われた。
♣ まあ、それも当然だと思いますけどね。やっぱりファンは宙ぶらりんのクリフハンガーで終わったテレビシリーズの補完をしてくれる映画と思って見るじゃない。ところが謎はまったく解けないどころか、よけいわけのわからないものばかり出てきて、おまけにシリーズで慣れ親しんだレギュラー出演者のほとんどが出ないとあっては、そりゃーがっかりするよ。
♠ 私も当時の記憶はおぼろげにしか残ってないんだけど、なんかツイン・ピークスとは似て非なるものという印象だった。映画の出来の悪いパート2みたいな。

続きを読む

広告
カテゴリー: 映画評 | タグ: , , , , , , , , ,

★★【テレビ評】デヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』 第1・第2シーズン (1990-1991)

はじめに

これは今を去ること25年前に書いた、『ツイン・ピークス』のオリジナル・シリーズのリビューです。実はあまりに好きすぎて、当時も書きたいことがありすぎるのに時間がなくて、未完のままで放り出してあったのをサルベージしてきました。理由は、第3シリーズについて書くのに、前提条件としてまた同じようなことを繰り返すのはしんどいと思ったのと、もし時間があれば、また旧シリーズを見直してちゃんと完成させたいと思ったから。
構想ではいろいろ画期的な新解釈とかが続くはずだったんだけど、結局役者評=キャラクター分析だけ、それも途中で終わってますが、『ツイン・ピークス』を初めて見たときの私の率直な気持ちが伝わると思います。
あと、なにぶん昔の日記ですので若書きはご容赦ください。って、別に今の方が老成したわけでもない、っていうか今の方がガチでガキっぽいのが恥ずかしいけど。あとここに出てくるネタその他、すべて25年前の話だってことをお忘れなく。(当時は写真なんて付いてなかったので、写真のキャプションは今書いてます)
インターネットもない時代に、解説本とかも読まずにすべて自分で見た感想として書いてます。もし認識に間違いがあったらごめんなさい。今回はあまり手を加えない方針だけど、すべて英語だった固有名詞を日本語に直したのと、あと現在の付記は青字で書いてます。

続きを読む

カテゴリー: テレビ評, ★★(特選) | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【映画評】デヴィッド・リンチ『ロスト・ハイウェイ』(1997)Lost Highway

♣ いつもながら今さらの作品ですみません。こうなったのにはわけがありまして‥‥
♠ ゲーム『キューブ・エスケープ』でも書いたように、私は『イレイザーヘッド』でデビューしたときからデヴィッド・リンチの超・超・超・大ファンだったんだが、そのわりに『ツイン・ピークス』以後の作品は見てないんだよね。
♣ 飽きた?
♠ 別に飽きたわけじゃないが、ちょっとお休みをもらった感じ。だいたい私は夢中になるものが多すぎて一度にあれもこれもは物理的に無理だし。そもそも『イレイザーヘッド』と『ツイン・ピークス』が好きすぎて、リンチの他の作品はわりとバカにしてたし。
♣ 『ツイン・ピークス』に狂いすぎて、臨界点を超えちゃったような気もするね。

♠ ところが、その『ツイン・ピークス』が25年ぶりに大復活!!! マジか!? あの予言は現実だったのか!?
♣ と興奮しまくっているところなんですが、例によってもったいぶって、旧作『ロスト・ハイウェイ』のリビューをやってみようかと。
♠ だってこれ書かないと新シリーズ見せてくれないって言うから。もうすでに最初の5話は録画してあるのに。
♣ うそうそ。実は『ツイン・ピークス』を予約しようと番組表を見てたらこれがあって、そういえばリビュー書いてないなと思ったから録っただけ。だいたいそれを言うなら、その前に、未完のまま終わってる『ツイン・ピークス』第1、第2シーズンのリビューを完成させなくちゃ。
♠ すごいいっぱい書いたのに、書くことがありすぎて中断したまんまなんだよね。
♣ 実を言うと期待が大きすぎて怖いから、これでも見てちょっとガス抜きをしようと思っただけ。
続きを読む

カテゴリー: 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

★【映画評】ロドリゲス&タランティーノ特集その3 クエンティン・タランティーノ 『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007) Death Proof

♥ というわけで、いよいよ真打ちの登場。元はといえばこれが書きたくてロドリゲスは刺身のつま!
♦ なに興奮してんだか知らないけどクズ映画に変わりはないでしょう?
♣ これは意図的にクズ映画を作ろうという試みなんで、それは褒め言葉にしかならないよ。
♠ その意味、ロドリゲスはやっぱりあまりわかってなかったな。『プラネット・テラー』は下品ではあるけれど、ここまで最低じゃないし、だいたいお金もかかってたしおもしろすぎた。グラインドハウスをうたうなら、死ぬほど退屈で、安っぽくて、クソつまんなくなくちゃ。

ロドリゲス&タランティーノ特集もくじ

その1 ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 『シン・シティ 復讐の女神』(2014)
その2 ロバート・ロドリゲス 『プラネット・テラー in グラインドハウス』 (2007)
その3 クエンティン・タランティーノ 『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)

続きを読む

カテゴリー: ★(おすすめ), 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , , ,

【映画評】ロドリゲス&タランティーノ特集その2 ロバート・ロドリゲス 『プラネット・テラー in グラインドハウス』 (2007)Planet Terror

 

レトロ感あふれるポスター

♦ いちおう最初に解題をば。これはグラインドハウスに対するタランティーノのオマージュで、現代にグラインドハウスを甦らせようという企画
♠ グラインドハウスというのは70年代ごろのアメリカのB級映画二本立て上映館のことらしいが、もちろん私はそんなもん知らんし見たこともない。
♣ 『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』で書いたイタリアのジャッロ映画みたいなやつじゃないの?
♦ もちろんジャッロも上映したかもしれないけど、これはあくまで映画館のタイプで、そういう流派があるとかいうんじゃないよ。単に低予算の俗悪映画というだけ。
♥ タランティーノやロドリゲスの映画って他のも全部そうじゃないの?
♦ それに舎弟のロドリゲスが乗って、二人で一本ずつ撮ることに。だから本来は二本でセットだったんだけど、日本を含めた海外では単独の映画として別々に公開された。

ロドリゲス&タランティーノ特集もくじ

その1 ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 『シン・シティ 復讐の女神』(2014)
その2 ロバート・ロドリゲス 『プラネット・テラー in グラインドハウス』 (2007)
その3 クエンティン・タランティーノ 『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)

続きを読む

カテゴリー: 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , ,

【映画評】ロドリゲス&タランティーノ特集その1 ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 『シン・シティ 復讐の女神』(2014)

♠ それが例によって自分が書いたこともすべて忘れてるからさ、(最初の『シン・シティ』のリビューを)読み返してけっこう感動したよ。
♦ どこに?
♠ こちらが音楽好きの50代の女教師ということしか知らない、会ったこともない海外の男友達に、「人の両手両足切り落としてダルマにして犬に食わせたり、『武装解除』とか言って、レイピストのチンポを素手でむしり取ったりする映画」が好きだとバレてたところに。


♠ こういうの見るとおっさんの考え方がよくわかっておもしろいじゃん。
♦ 彼らにとって世の中にはエロくてかわいい若い女しか存在しなくて、そういう女は鬼瓦みたいな顔したデブジジイを見ると「男らしくってステキ!」とすり寄ってきて、それでもって、売春婦やストリッパーはみんな心優しく情に厚い聖女で、戦うとめちゃ強いと。

続きを読む

カテゴリー: 映画評 | タグ: , , , , , , , , , , , ,

★★★【アニメ評】ひぐらしのなく頃に/ひぐらしのなく頃に解 (2006-2007) 第二部

『ひぐらしのなく頃に解』の主要登場人物
後列左から魅音、詩音、圭一、レナ、沙都子、羽入、梨花

こちらはテレビアニメ版第二部に当たる、『ひぐらしのなく頃に解』の主題歌フル・バージョンです。あとで述べるようにこれも良曲なのでBGMにどうぞ。

続きを読む

カテゴリー: アニメ評, ゲーム評, ★★★(神) | タグ: , , , , , , ,

★★★【アニメ評】ひぐらしのなく頃に/ひぐらしのなく頃に解 (2006-2007) 第一部

なにを今さらという感じの10年前のアニメだが、知ってるつもりだったのに全編を一気に見たら、思ってたのとまるで違って感動したという話。
と言ってもアニメ嫌いの私の常で、ほめてるんだか鞭打ってるんだかわからないリビューだけど、それなりの愛着は持ってるらしい。長いので二部に分けましたがつながってます。

「事実は小説より奇なり」とは言うけれど、「素人はプロより奇なり」を私に実感させた、前代未聞の怪作同人ゲームのアニメ版リビュー。

「まさにこれは萌えアニメ版ワイド・スクリーン・バロック!」

ちなみに作品の性質上、一部残酷表現(画像と文章)を含みます。ただ、最初私が思っていたようなグロアニメではまったくなかった。

続きを読む

カテゴリー: アニメ評, ゲーム評, ★★★(神) | タグ: , , , , , , , , , , ,

【ゲーム評】Skyrim事始め その12.整形とおしゃれの話 (2)

というわけで顔がちゃんとしたら、今度は服装が気になり始める。(これだからMODを入れ始めるときりがないんだよね)

Cloaks of Skyrim SSE

着るもので初期の頃から入れてたのはこれだけ。なんでかというと、Skyrimにはクローク(日本で言うマント)がないんだよ! クロークかっこいいでしょ、クローク! だいたいヒーローはマントをひるがえして歩かなくちゃ。おまけにストームクローク(うちのFinnが所属しているファクションの名前)なんだしストームクローク着なくちゃ。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: , , , , , , ,

【ゲーム評】Skyrim事始め その11.整形とおしゃれの話 (1)

いい男でしょ。これが現在のFinn。

とかなんとか言いながらもだんだんMODが増えてきたが、普通のプレイヤーが真っ先に手を出すのはお姉ちゃんたちを美人にしたり、ナイスバディにしたり、きれいなおべべを着せたり、美女フォロワーを連れ歩いたり、エロいことしたりするMODなのに(断言)、私は風景と乗り物にとことんこだわってるあたりがやっぱり違うね。
というのも、このゲームのキャラがわりと不細工なのは認めるが、男はそれも野性味のうちだし、体はもともとナイスバディ過ぎるぐらい筋肉質だし、女はわりとどうでもいいし、自キャラの顔を見るチャンスはほとんどないので、あまり気にしてなかった。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: , , , , , , , ,