【マンガ評】近頃(と言ってもここ20年ぐらい)のマンガ寸評

はい、実はもうかなりのマンガ評ができてるし、ぜひひとりでも多くの人に知ってもらいたいマンガはあるんだけど、まだもったいぶってそれは出しません(笑)。

というわけで、ここ数十年のブランクの間に出版されたマンガの中で、私が気に入ったマンガや、気に入らなかったマンガについて書こうと思うのだが、ただ、私の「あとで」ぐらい当てにならないものはないので(笑)、忘れないうちに寸評だけ書いておこうと思う。
ただし、これはすべて読んですぐ書いた走り書きのメモで、普通はこれを元にちゃんとしたリビューを書き起こすんだけど、私はこういう短いのを書くのが超苦手なんで、これだけでは誤解を招いたり、納得の行かない部分があるかもしれません。また、最初の数巻だけしか読んでいないものも多いので、勘違いや誤解があったらごめん。
あと、アニメ化されている作品も多いけど、書いてあるものを除き、アニメはまったく見てません。理由はいつも言うように日本の声優が嫌いで、イメージを壊されたくないから。

続きを読む

カテゴリー: マンガ評 | タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

★【マンガ評】私の漫画50年史

というわけで、最近読んだ気になるマンガ(好きなのだけではない)について書こうと思うのだが、アニメについての個人史は前に書いたので、マンガ論の前史としての私のマンガ史を書いてみようと思う。

【ご注意】 などと、偉そうなことを書いていますが、他のジャンルと同じく、私の好みはきわめて極端でなおかつ偏向しているので、決して一般向けのマンガ入門みたいなんじゃありませんし、お子様に見せられるようなものじゃないのもあるので要注意です。(私はそういうのを小学校低学年から読んでるので、感覚が麻痺しちゃってます) 正直人には勧められないマンガも出てくるし。(ヤバい絵とかは貼ってません)

テレビアニメは日本初のアニメ『鉄腕アトム』が始まったときからテレビにかじりついて見ていた私だが、幼少時はマンガとの付き合いは薄かった。理由は主として金がなかったから。親は買ってくれないし、わずかな小遣いはすべて活字本を買うのに使ってしまったので。正確な金額は忘れたが、半年分の小遣いを貯めてやっと本1冊買える時代だった。これじゃマンガなんか買えるわけがない。

そこで子供時代の私にとって、マンガは学校で回し読みされる雑誌で読むか、床屋の待合室で読むものだった。女の子でも子供なんか床屋しか行かせてもらえなかった時代なので。それに学校の図書室や図書館にマンガがあるような時代でもなかった。図書館にマンガが置かれるようになるのはずっとあと。
ちょうど少年マガジン、少年サンデーが創刊された頃で(ジャンプとチャンピオンはずっとあと)、週刊誌は新鮮で垢抜けた雰囲気がいかにも新時代のマンガ誌という感じで、小学生には大人気だった。私のように買えない子も多かったので、最新刊を学校に持ってくる子はヒーローだった。それを休み時間に、みんなで顔を寄せ合ってむさぼるように読むわけ。ページをめくるのが早いとかで喧嘩になったりして。

続きを読む

カテゴリー: マンガ評, | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【マンガ評】Kindle Unlimitedを体験してみた

Kindleのことを書いていたら、前から気になっていたKindle Unlimitedの無料体験をやる気になった。
というか、なぜか板橋しゅうほうのマンガがほとんど入っていたので、それだけ欲しくて(もちろん紙の本ではすべて持ってるんだが)。それでマンガだけじゃなく、いろいろカタログを見て回ったんだが‥‥古本屋の100円コーナーを見ているような気になりました。

期間限定の無料コミックの方は新作もベストセラーも混じっていたけど、Unlimitedはまあタダでないと売れないだろうなと思うような本がほとんど。無名作家の作品や、一般家庭でもゴミにしかならないようなビジネス本やエッセイ本やハウツー本のたぐいが大半。ゴミをまとめ売りする福袋のようなものか。暇つぶしにタダならというのでダウンロードする人ならこれでいいんだろうけど、本当に本が好きな人が楽しめるようなものはないです。

続きを読む

カテゴリー: マンガ評 | タグ: , ,

【マンガ評】のおまけ Kindleと電子書籍と漫画村のはなし

大学教師という職業柄、および生来のコレクター体質のため、うちの本の量はヤバいことになっている
ただ、断っておくと私は決して本コレクターじゃないし、マンガコレクターでもない。なまじ本のことには詳しいし、反面教師がまわり中にいたから、本を集めるには鉄筋の専用書庫付きの家を建てられるぐらいの資力がないと無理、ということはわかってたので。

だからセーブはしてたのだが、それでも本はつい増えてしまうし、特にマンションに引っ越してからは床が抜ける心配がないというだけで、かなり気がゆるんで本が増えてしまった。どのぐらいのペースで増えるかというと、まあだいたい1日1冊ペースで読んでたから年に365冊ですか。それで古本屋に行くと5冊とか10冊とか買うから、売ったぶんを差し引いても年に500冊ぐらい増える。それを40年ぐらい続けてたわけだから(笑)。

続きを読む

カテゴリー: マンガ評 | タグ: , ,

★★【マンガ評】漫画について思うこと――あるいはなぜ私は日本の小説・映画・音楽・アニメ・ゲームと縁を切って海外に逃げたのか

(久々の全方向無差別罵倒リビューです。そういうの気にする方は読まないように)

ここ数年、またちょっと漫画を読むようになった。
私は他のすべてのジャンル同様、漫画についても極端に選り好みが激しく、(私の考える)最高のもので、なおかつ自分が好きなタイプのものしか読まないし、読めない。

【注】表記について
しかし漢字・ひらがな・カタカナと3種類の文字体系のある日本語は面倒だね。特に漫画みたいにどれも通用する場合は、どうしていいのか迷うし、検索でいつも困る。いちおうここでは大勢(「おおぜい」じゃなく「たいせい」だからね。同じ漢字で読みがいくつもあるのも面倒くさい)に合わせて「漫画」とするけど、手書きで書いていた頃はとにかく画数を減らすのが最優先だったので、「マンガ」と書いていた癖がまだ抜けない。よってあまり気にせず使い分けることにする。

特に漫画はもともとが子供向けジャンルだけあって、なかなかこれと思うものがなくて、もう何十年も前にとっくにあきらめて、新しい漫画家を開発しようという意欲も失せ、過去20年ぐらいはもう、わずかなお気に入りの作家の手持ちの本だけを何十回と繰り返し読む感じになってしまっていた。

続きを読む

カテゴリー: マンガ評, ★★ | タグ: , ,

【ゲーム評】Abyssrium(アビスリウム)

それで結局、気に入ってやってたスマホゲームはこれだけ。有名なゲームらしいんだけど、これはいわゆるアクアリウム・ゲームで、スマホの中を水槽に見立てるというわけ。ただしここでは水槽じゃなくて、タイトル通りの深海(にしては浅い海の魚が多いし淡水魚も多いが、そこを突っ込んだら負け)が舞台。

見ての通り美しく幻想的なグラフィックで、クジラが泳ぐ海を見てインストールした。魚のグラはずいぶん簡略化されてるけど、この海には百匹以上の魚が泳ぐので、スマホの性能ではこれが限界なんだろう。それでも個々の魚の動きとかはかなりリアルなので感心する。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: , , ,

【ゲーム評】ソシャゲでパズルゲームを遊んでみた マッチ3ゲームと探し物ゲーム

というわけで、スマホゲームができるようになったので、試しにと思って、いくつかダウンロードしてプレイしてみたのでその感想も。
こういう単純な暇つぶしゲームで私がよくやるのは、パズルとクリッカー(clicker games)と放置ゲーム(idle games / incremental games)。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: , , ,

【ゲーム評】余人もすなるソシャゲといふものを私もしてみむと‥‥ソシャゲと課金について

例によっての過去からタイムワープしてきた古代人による、現代文明批判です。(嘘。そこまでマジじゃない)

最近ソシャゲ(ソーシャルゲーム・スマホゲーム)なるものが流行りだそうで、しばらくやって思うことがあったのでそれについて少し。と言っても私はスマホ持ってないんですけどね(笑)。

私は昔から市販ゲームとは別に、ちょっとした息抜きにブラウザでできる無料のウェブゲームをちょこちょこ遊んでいた。前に書いたCube Escapeなんかがそう。ところが近年、ブラウザゲームは完全に下火になってきた。
噂では有能なゲームクリエイターはすべてスマホ業界に引き抜かれたか、あるいは金になるソシャゲを作るようになったかららしい。まあ、それは時代の変化ということでしかたがない。それに本当に才能ある人も多かったので、ただで遊ばせてもらうのは心苦しいとさえ思っていたから、課金に移行するのもOK。
それに、ゲーム評を見てやってみたいと思ったゲームがスマホ用しかないことも増えてきた。しばらくはPC版とスマホ版が共存してたのに。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム評 | タグ: ,

【動物】動物特集4 動物を飼うということ――虐待か愛護か

お洋服着てリード付けて二足歩行でお散歩するモニター、ってもう何がなんだか(笑) でもこのサイズのトカゲが二足で立つとラプターみたいでかっこいいね。

動物特集3からの続きです。

というわけで、YouTubeにはこういうかわいい爬虫類動画がいっぱい。それで前の記事に貼ったビデオのトカゲたちはサイズに関わらずどの子も本当によく慣れてるしおとなしい。インスタなんかでも、かわいいトカゲに洋服着せたり、ぬいぐるみ抱かせたかわいい写真を投稿している人たちもいる。それはそれで私も見ればかわいいと思うし、悪いとは思わない。こういうの見ると爬虫類をペットにする人が増えたのもよくわかる。

でもその一方で、爬虫類は野性的なところがいいと思っている人たちもいて、そういう人たちは抱いたりなでたりするのは嫌い、トカゲにしろヘビにしろ人を見るとクワッと口を開けて飛びかかってくるようなところを愛するらしい。私もどっちかというとそっちかな。

続きを読む

カテゴリー: 動物 | タグ: , , ,

【動物】動物特集3 爬虫類YouTubeのこと

というわけで前の記事に書いたような理由で、私にはとてもあこがれのモニターリザードは飼えそうにないので、代償行為としてYouTubeでモニター動画を狂ったように見ては、「はあああ~かわえ~!」と悶えていたのだが、関連動画に表示されるのを見ていると、爬虫類飼うのって今トレンドになってる?と思うぐらい、大量の爬虫類ペット動画が投稿されている。(実際ブームなんだろうけど、ペットショップなんて見たことなかったので知りませんでした)
それもなんか流行りがあるみたいで、同じ種類の動物の動画が多いねえ。まあ、モニターならサバンナモニターみたいに飼いやすいとか、入手しやすいとか、価格が安いとかいろいろあるんだろうけど。

とりあえず、そういう動画を少し紹介しながら、私から見た爬虫類の魅力を語ってみようと思う。恐竜が超魅力的なのは当然だが、小さいヤモリも大きなワニもそれぞれにかわいいから。

続きを読む

カテゴリー: 動物 | タグ: ,